読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で底辺暮らし

貧乏喪女がネットの気になる話題など、雑多にあれこれ書いてます。

 

殺人まで母性神話で語るメディア

19歳の女子大生が大家の老女を殺害した事件は、昨日のニュースで知って、宗教勧誘とか斧とか、怖すぎだろって感じでなんだかゾッとした。

その事件に関して、こんな報道があったらしい。


命を育む性!

妊娠・出産は女性にしか備わっていない機能だが、別に子育ては男でも可能なわけで、なんだその意味不明なカテゴリーは…。
そもそも女だからそんなことしないっていうのも、過去に女性の殺人犯のニュースなんていくらでもあったのに、その思い込みもよく分かんないし、謎だらけである。

母性って女だからって生まれつき備わってるようなもんでもないだろうし(私は子供を遠巻きに眺めてるくらいならいいが、直接関わってあやすようなことは恐怖である)、そんなの個人差としか言いようがないと思う。

ただ、社会的に性別によって教育や抑圧や期待されるものが大きく違って、その結果として女性は育児や家庭的なスキルを備えざるを得ないみたいな、そういう面はあるとは思うが、それは結果としてであって、生まれ持ったものではないと思う。

こういう女性だから母性があって献身的な性質である、という思い込みって、なんつーか今の女性が共働きで育児も家事も介護も負担して、結局少子化になっちゃってる大きな要因だと思うし、色々アウトなコメントだなぁ、と思う。

母性神話ありきで性別を語るのは、いい加減に滅びて欲しいぜ…。

母がしんどい

母がしんどい

母性愛神話の罠

母性愛神話の罠