田舎で底辺暮らし

貧乏喪女がネットの気になる話題など、雑多にあれこれ書いてます。

 

『ペッパイちゃん』記事へのお詫びを朝日新聞が表明

ちょっと前に話題になったセクハラロボ「ペッパイ」記事への批判を受けて、朝日新聞が反省とお詫びの記事を出した。www.asahi.com


こちらが批判をあびた元記事。www.asahi.com

これについては、物凄くモヤモヤするものがあったので、私もこのブログでちょっと書いた。pokonan.hatenablog.com

同じ朝日新聞内の公式アカウントでも元記事への批判が。

同社内でこういう声が出せて、ちゃんと反省を表明できるのなら、まだ自浄作用があるのだろうし、報道メディアとしてはまともなのだと感じる。

ただ、お詫びの記事では、人間へのセクハラを想起させトラウマなどを抱える人を刺激してしまって申し訳ない、みたいなニュアンスだが、それよりも元記事内でのセクハラをあまり大した問題だと感じてないようなロボット相手のセクハラ遊びのブラックジョークで問題提起もあるかも?wみたいな軽いノリが滲んでいたのが(公の場でこういうノリをやっちゃうことがアウトって視点がなかったのかなぁ、とか)、社会でセクハラがなくならない問題そのものって感じで、そこが問題なのでは、って思うんだけど、その部分を報道する立場としてもうちょっとセンシティブに考えてくれているといいのだが、と気になった。

部長、その恋愛はセクハラです!  (集英社新書)

部長、その恋愛はセクハラです! (集英社新書)

性暴力

性暴力