田舎で底辺暮らし

貧乏喪女がネットの気になる話題など、雑多にあれこれ書いてます。

 

都会のクリスマスを見てきたよ!

昨日、24日はクリスマスイブでしたが、ツイッターで仲良くしてもらってる方と一緒に都会のクリスマスを味わってきました。
東京駅とか有楽町付近を散策。

有楽町駅の真ん前にある交通会館という建物の中にあちこちのアンテナショップが集まっているので、そこを覗いたり(でも、お店が小さいのに人がかなりいて身動き取れず、割りと一瞬で出てしまった)、相手の方が宝塚ファンだったので同じ建物の中にある宝塚グッズのお店についていったり。
その流れで、宝塚劇場が見てみたいと私が要望していたので、実際に見に行ったり。
f:id:pokonan:20161225230838j:plain

f:id:pokonan:20161225230853j:plain

f:id:pokonan:20161225230859j:plain

f:id:pokonan:20161225230905j:plain
テレビなんかで見かける中の赤い階段のとこはチケットがないと入れないとのこと。
脇の入り口からグッズのお店のとこに連れて行ってもらいました。
写真が山のように売ってあったり、雑誌などもズラッと。
ファンの人は眺めてるだけで楽しいだろうなぁ。
個人的には、店内でも結構いい場所を占めていたキティ先輩のコラボ商品が印象的でした。

そのあとは日比谷公園で「クリスマスマーケット」というイベントをやっていたので、そこへ。
f:id:pokonan:20161225231104j:plain

f:id:pokonan:20161225230932j:plain

f:id:pokonan:20161225230924j:plain

見てお分かりかと思いますが、とにかく凄い人混で満員電車かな?って感じでした。
ちょっとした屋台にも行列・行列・行列!
どこを見ても人!

f:id:pokonan:20161225230940j:plain
会場の中央にはなにかくるくる回るクリスマスっぽいのが飾ってありました。
ここも人だかりが出来てたー。
何か買えるってレベルではなかったので、同行の方とよろよろと人混みの中をなんとか脱出。
正直、こんなに混んでるとは思わず舐めてました。

小腹が減ったので東京駅へ向かうことに。
歩きながらお堀に囲まれた場所を「ふーん、これが皇居ねぇ…ケッ」と通り過ぎるなど。

東京駅の中にあるグランスタでパイを買いました。
(これまた、グランスタがどこにあるのか分からず、駅内で結構迷ってしまった。東京駅、難易度高いぜ)
私は以前ミートパイを買ったので、今回はアップルパイに。
結構、美味しかったです。

そういえば、東京駅から歩いてたらよくわからない建物の中を通過したんですが、その中で熊本地震のチャリティ展示みたいなのをやってて、光るオブジェが色々と飾ってありました。
目が色々変わるゴミ箱?
f:id:pokonan:20161225231001j:plain

f:id:pokonan:20161225231010j:plain

袋が大量にぶら下がってた。
f:id:pokonan:20161225231019j:plain

国際フォーラム。
f:id:pokonan:20161225231032j:plain
外は賑やかでしたが、この建物内はかなりひっそりしてました。
中のお店でカレーを食べるなど。
f:id:pokonan:20161225231119j:plain
色々とお喋りして、楽しい時間を過ごせました。

国際フォーラム内には、謎の鶏ツリーがありました。
来年の干支にかけてるんでしょうけど、可愛いような怖いような。
f:id:pokonan:20161225231132j:plain

東京駅そばのKITTE内には超大きなツリー!
これは迫力あってキレイでした。
f:id:pokonan:20161225231145j:plain

ご飯食べた後もぶらついて銀座とか三越前辺りなどを歩いたりしてリッチな場所の雰囲気を味わってきました。
なんか甘いものでも食べようとしたんですけど、もう夜10時くらいになってて、お店閉まってたり、あっても超混んでたり。
f:id:pokonan:20161225231052j:plain
不二家のレストランに寄ろうと思ったんですけど、普通にケーキ買う人達なのか行列出来てて入れる雰囲気じゃなかった…。

この日はもういい時間だったので、解散して帰宅しました。
都会の人混み舐めてましたが、クリスマス気分を味わえて楽しかったです。

おとなの週末 2017年1月号 [雑誌]

おとなの週末 2017年1月号 [雑誌]

東京ウォーカー2017年1月増刊号

東京ウォーカー2017年1月増刊号