田舎で底辺暮らし

貧乏喪女がネットの気になる話題など、雑多にあれこれ書いてます。

 

最近Netflixで観た作品の感想まとめ その4

ワン・オブ・アス

https://www.netflix.com/title/80118101
f:id:pokonan:20171210012714p:plain
f:id:pokonan:20171210012729p:plain
ネトフリオリジナルのユダヤ教ハシド派の共同体から抜け出た人たち追ったドキュメンタリー。
四人ほど出てくるんだけど、女性のエピソードは特に悲惨で夫からの虐待・性行為の強要、それを拒むこともできず6年連続で妊娠し、7人もの子供がいた。
離婚し子供(子供たちも虐待を受けている)の親権を争って裁判になったけれど、共同体の力が裁判にまで介入し親権は得られない状況。
女性自身も共同体からひどい嫌がらせを受けていて、身体的にも負傷してしまう。
共同体にいる間は恩恵が受けられるけれど、外の世界に出た時に自立していく教育は一切受けられないのでどうしたって共同体に依存する形でしか生きていく方法しか残されていないという。
この女性になんとか少しでもマシな未来が訪れるといいんだけど…。

ビッグ・ファミリー・クッキング

https://www.netflix.com/title/80186090
イギリスの一般家庭から三人が代表として出場し、色んなお題に挑戦しながら料理の腕を競い合う番組。
色んな国にルーツを持つ人たちが出てきて、見たことも聞いたこともない美味しそうな料理が出てきてかなり面白かった。
ドラマ見るのは疲れるってときに見るのにちょうどいいし、家庭料理がベースなので真似してみたくなる。
f:id:pokonan:20171210005748j:plain
料理しながら豪快につまみ食いしたり。
審査員が結構辛口で、みんな怯えてた(笑)
イギリスはなんだか料理が美味しくないみたいなこと言われるみたいだけど、これ見るととてもそんな感じしない。

マスター・オブ・ゼロ

https://www.netflix.com/title/80049714
インド系男性のコメディドラマ。
シーズン2まで一気に視聴。
主人公の幼馴染の女性がレズビアン。
基本的には主人公のコメディタッチな恋愛が主軸なんだけど、S1の7話はフェミニズムがテーマでよく作られてて楽しめた。
気の所為では?って言葉がどれだけ事実を無効化して口封じになってるか、よく表現されてる。
f:id:pokonan:20171210002352j:plain

あとは何と言っても、S2の8話。
これは幼馴染デニースの家族へのカミングアウトがテーマなんだけど、重すぎずなかなかコミカルで本当によくできてた。
f:id:pokonan:20171210003411j:plain
f:id:pokonan:20171210003426j:plain
f:id:pokonan:20171210003436j:plain
気になる人はこの回だけ見ても全然楽しめます。

あとは、S2のラストは女性たちに悪質なセクハラしてた番組プロデューサーの男が晒し上げにあって主人公もそれに巻き込まれるって感じで、かなり興味深いです。
最近の「MeToo」の流れを凄い感じる。
f:id:pokonan:20171210004754j:plain
f:id:pokonan:20171210004807j:plain
f:id:pokonan:20171210004818j:plain

主人公の恋愛相手が美人な白人ばっかりなのがちょっとなんだかなぁ、って感じでS2ではその辺が少し変えられてはいたけど…うーん。
ぶっちゃけこのドラマは主人公デフの恋愛はあんま見どころなくて、それ以外の部分のテーマの掘り下げがユーモアきいててかなり面白いです(イスラム教の豚肉ネタとか)。

ストレンジャー・シングス

https://www.netflix.com/title/80057281
f:id:pokonan:20171210012838p:plain
シーズン3。
んー、ホラーとかそういう側面では相変わらず面白いんだけど、今回は新しい女の子が登場したのもあってか女性同士の連帯の描けなさみたいなのが浮き彫りになって、エルのあからさまな嫉妬からくる攻撃的な態度とかががっかりだった。
女キャラを単体でクールには出来ても、女同士のクールな関係を描けないというか。
ストーリー的にももうここで終わりでいいんじゃないかな、って感じなんだけどまだ結構続くらしい。
あと、恐ろしいほど徹底してヘテロさが強調された終わり方だったので、もうお腹いっぱいって感じ。

スター・トレック: ディスカバリー

https://www.netflix.com/title/80126024
f:id:pokonan:20171210000040j:plain
スタートレックは名前はよく見かけるけど全然知らないまま、女性主人公ってことで見てみたけど特に問題もなく楽しめた。
なんというかCGとかセットとかロケとか、資金力が違うんだろうなってのをひしひしと感じる。
今は6話まで見たけど、ストーリー展開が早くてSF感溢れてる。
主人公と女性船長との関係がなんとも百合み溢れてて熱かったんだけど、船長は割とあっさり殺されてしまってびっくり。
脇キャラにゲイがいたから、Lキャラも出してほしいなぁ。
主人公マイケルと同室のおしゃべりな女性とのぎこちない友情が可愛い。

アンブレイカブル・キミー・シュミット

https://www.netflix.com/title/80025384
今回はシーズン3。
このシーズンが一番面白かった!
最初のころは世間知らずなキミーが色々都合よく利用されたりするのがなんかつらかったんだけど、ここにきてキミーが大学通いだして世界観が広がり周囲と対等に渡り合ってるからかも。
それに皮肉や小ネタも凝ってて、フェミニズム色も強くてかなり楽しめた。
f:id:pokonan:20171209233741j:plain
f:id:pokonan:20171209233811j:plain
タイタスのビヨンセのオマージュとかも笑えた。
同じネトフリオリジナルのOITNBとのコラボとかも、こういう配信サイトならではというか。

心のカルテ

https://www.netflix.com/title/80171659
摂食障害がある20歳の女性が、キアヌ・リーブス演じる型破りな医師が運営するグループホームに入所、自分自身を見つめ直す作品。
主役の女性がガリガリすぎて心配になる。
f:id:pokonan:20171209230212j:plain
両親は離婚し、実母に女性のパートナーがいて、父親が再婚した義理の母とはあまり上手くいっていなかったり家庭環境は良好とは言い難い。
相変わらず、こういう作品ではなぜか母子関係を異様に重視して徹底して父親の存在は出てこない。
キアヌ・リーブスが医師役だが、全然新鮮味もなんもない、想定を超えないありがちな「斬新なことを言う」専門医師で、ネームバリューがありすぎるせいもあって出てくる場面がそう多くはないのにやたらと悪目立ちしていて失敗だったと思う。
「俺は綺麗事は言わない!」という医師の俺は綺麗事言ってると酔ってて、なんともヤブ医者に見えてしかたなかった。
(反対に言えばキアヌ・リーブスの持ち味でなんとか医者であると強引に見せているというか、そうでなかったらどう見ても適当なこと言って金巻き上げる詐欺セラピーみたいしか見えない)
父親の不在、偉そうな男性医師、グループホームのリーダーは男性という点がなんとも致命的な感じ。
最後は主人公が死にかけながら夢の中で男(グループホームのリーダー)とキスしたりして、生を実感して施設に戻る終わり方。
中途半端にヒューマンドラマっぽくて、特にこれと言った見どころはない…。

途中離脱した作品。

・ゴッドレス -神の消えた町-
女性ばかりの町が舞台ってことで少し期待してたけど出てくるのは髭面のおっさんばっかで、無愛想な男がカッコつけて銃撃ったりしててもう寒いし白けて白けて…。
あとレイプシーンもあって(気取った男が助ける)、悪役演出に安易にレイプシーン使うならその加害者を「女」が頭かち割るとこまでセットにしてくれって思った。