田舎で底辺暮らし

貧乏喪女がネットの気になる話題など、雑多にあれこれ書いてます。

 

スマホを「HUAWEI P20 lite」に変えたよ

もう三年ほど使っているスマホ(ARROWS NX F-02G)の電池の持ちが極端に悪くなってきて、これでは外出時にあっという間に電池切れになって使い物にならないのでSIMフリーの「HUAWEI P20 lite」に買い替えました。

Amazonで購入。価格は約3万円で、スマホとしてはお手頃価格。
f:id:pokonan:20180726201056j:plain

色はクラインブルー。
付属の充電器(ACアダプタとUSB Type-C充電ケーブル)。
f:id:pokonan:20180726201953j:plain

透明の柔らかい素材のスマホケースも付いててびっくり。
f:id:pokonan:20180726202002j:plain

知らずにスマホケースも同時に注文してしまったけど、まぁいいか。
ちなみにこれを買いました。

使い心地は良好です。

他にイヤホンも付いてましたが、おまけ品質って感じらしいので使わないかな。

今まで使っていたスマホに比べるとかなり薄くてボタンもスッキリしていてスリムな印象。画面の角も丸みがあって手触りが良いです。
SIMカードを入れ替え、契約してるBIGLOBEのサイトにP20 liteのアクセスポイント設定の説明があったのでそのとおりに少し設定を変えてすぐ使える状態になりました。

昨日、友人と会う予定があって遠出してきたのですが、待ち合わせ時間より早く着いたので気になっていたカメラ機能を早速確かめようと思って寄り道して少し撮影してきました。
メインカメラは約1,600万画素+約200万画素のダブルレンズ。

P20 liteで撮った何も加工してない画像です。
f:id:pokonan:20180726210213j:plain
f:id:pokonan:20180726212351j:plain
曇り空で撮影にはいまいちの天気でしたが、結構明るい色合いが出るみたいで、スマホでこれなら十分かな。
撮影してて思ったのは、カメラレンズの位置的に上側を持つと指がレンズにかかりやすいのでちょっと気をつけないと。
あと、手ブレは結構しやすい。私は結構手が震えるのでこれも注意。

あと、ワイドアパーチャという機能があって、これで撮影するとボケ感を色々と調節できます。
この機能で撮影した後に編集で絞りを調節できる優れもの。
↓同じ写真の絞り最大・最小。
f:id:pokonan:20180726211649j:plain
f:id:pokonan:20180726211659j:plain

説明書を読まずこの機能のことを知らないまま写真を撮ったので、今度は接写してどういう感じになるか試してみます。
ちゃんと意識して撮らないと、思わぬとこがボケちゃったりするみたい。

他にも結構機能が多彩です。
f:id:pokonan:20180726212405j:plain
以前のF-02gはカメラ任せでほとんどやることがないという正反対の機能性だったので新鮮。
私が持ってるデジカメ(G9 X Mark II)に比べると暗い場所にはかなり弱くて全然及ばないですが、気軽にスナップ写真撮って遊びたいという需要には応えてくれそうです。

新しいこともあってか電池の持ちは前のスマホに比べると格段に良いです。
エコモードで使いましたが、外出時に撮影したりツイッターつかったりあれこれしても一日で半分も減りませんでした。
この時期的に、機体がほとんど熱くならないのも助かります。前のはカメラ機能なんか使ってるとすぐ熱くなったので。

総合的に、コスパの良い買い物でした。