田舎で底辺暮らし

貧乏喪女がネットの気になる話題など、雑多にあれこれ書いてます。

 

バリカンとハサミでセルフカット!自分でツーブロックにしてみた感想

実はやってみたかったツーブロック(というか刈り上げ?)。
後ろの毛が多いのもあって後頭部の下半分を刈り上げたくて、色々検討してフィリップスの「セルフヘアーカッター」というバリカンを購入しました。
使ってみた感想など書いてみます。

フィリップス「セルフヘアーカッター QC5572/15」を購入

セルフヘアーカッター QC5572/15

バリカン購入の決め手

バリカンって思ってたよりかなり種類があるんですね。
ネットであれこれ調べて、このバリカンを近所の電器屋さんで購入。
フィリップスのバリカンはとにかく手入れが楽で、充電時間が短いのがいい。
これは水洗いOKで、充電時間はたった1時間で1時間使用可能。
他のメーカーのバリカンは使用後に油塗るメンテナンスが必要なものばかりだったので、とにかくこの手軽さに惹かれました。
値段も6,000円くらいで割りとお手頃。
あとはヘッドが180度回転できて左右どちら側からも使いやすそうだったから。
公式サイトはこちら。
www.philips.co.jp


もう美容室に行きたくない…

実を言うと美容室がめちゃくちゃ苦手でして…。
2年前くらいはまだ大丈夫だったんですけど(それでも行くたびに緊張はしてた)、それが急に首元あたりを触られたりハサミが頭に近づくとゾワゾワしてビクッと体が反応するようになってしまい、かなり悩みました。
ビクビク震えた美容室には恥ずかしくて行けなくなり、他の美容室に変えました。
本能性振戦ってやつだと思うんですけど(慣れない環境だとご飯食べるときとか文字書く時もわりと手が震える)、また症状が出たらと思うとそのまま行くのは怖かったので、美容室に行くときはβ遮断薬(降圧剤で緊張や震えを抑えてくれる)を使用していたですが、これがスマドラ規制で簡単に手に入らなくなり…。
美容師さんには体調のことは予め説明はしていてもやっぱ緊張するし、予約入れて髪が切り終わるまでずーっと緊張状態が続くのもしんどい(美容師さんは丁寧で美容室自体はとてもいいとこだった)。
髪型も、さっさと終わってほしいからいつも伸びた分切って整えてもらうだけの無難ものになって、思い切った髪型もできない。
てなわけで、自分で切ることにしました!


いざ髪の毛を刈ってみる

セルフカットで使った主な道具はこれら。
ハサミとバリカン

自分で切ることを決めてから、結構いい値段するヘアカット用のハサミを購入しました(美容室何回か行ったら元取れると思えば、最初からストレスのない使いやすいハサミ買っとくほうがいい)。
すきバサミは素人にもおすすめというスキ率10%というかなり低いやつ。
確かに切れ味がそのへんのハサミとは全然違って切りやすいし、かなり使いやすかったです。
素人のカットでも、それなりに見える出来上がりにしやすいというか。
あとは普通にダッカール、クシ、鏡、ヘアゴムくらいかな。

バリカンを使う前にまずはどのへんまで髪の毛を刈るのか、ブロッキングして丁寧にわけました。
後ろが見えないので合わせ鏡しながら調整してはゴムで結び直して、これが結構大変だった。
そして風呂場に移動。

バリカンの長さは0.5mm~15mmまで設定可能。
長さ調節のアタッチメントを取り付けて使います。
付属のアタッチメントは2つあり、短め用のは0.5mm~3mmまで。
長めのは3mm~15mm(2mmごとに設定可能。)。
f:id:pokonan:20200214205943j:plain
私は長め用のアタッチメントを使用。
最初は、長めの設定で様子見しながら使って、最終的に全体を7mm、襟足は5mmで狩りました。

バリカン使うの初めてだったので、かなり恐る恐るでしたが、思い切ってやらないとなかなかキレイにできない。
鏡持ち込んで、風呂場の鏡と時折合わせ鏡でチェックしながら頑張りました。

後頭部の広い面はすぐに刈れましたが、難しかったのが、「耳周り」「襟足」「髪の分け目」です。
耳周りは後ろの分け目に合わせてちょっとだけ刈ったんですけど、ちょっとだけの面積はこの普通のバリカンだと大きくて小回りがきかずに難しい…。
あと、私は眼鏡してるので、耳周りはそれを外してよく見えない状態でやらなきゃいけないのも大変だった。
元々髪の毛が猫っ毛気味なので、特に襟足は細くて毛が寝てるのでアタッチメントつきだとなかなかバリカンが毛を拾ってくれずに若干剃り残しができる。
髪の分け目は、刈り上げる部分と残す部分の分け目まできっちり綺麗に刈ろうとしても、後ろは合わせ鏡しないと見えなくてでもバリカン中はなかなか鏡持てないし、アタッチメントでどこまで刃があるのかもはっきりしないのでこれも難しい。
あと、合わせ鏡って自分がどこに動かしてんのかよく分かんなくなるんですよね…。
ヘッドの180度回転などを活かして指を添えながら横にがーっと移動させたり、電源オフのときに合わせ鏡であらかじめ分け目ぴったりにバリカンを押し当てて、そこから電源入れてて横に動かすなどしてなんとかそれっぽく仕上げました。
頼める人がいるなら人にやってもらったほうが随分早く終わると思います。

刈ったあとは、残った髪の毛をハサミでチョキチョキカット。
不揃いなとこを真っ直ぐカットして、すきバサミで毛先を調整。
ボブっぽいので、髪の毛下ろしてれば刈り上げた部分は見えません。
初心者にしては、いい感じ仕上がって満足!
バリカンでセルフカット

後頭部の毛が一気に減ったので、もっさりした感じがなくてかなりスッキリしました。
とりあえず、自分でそれっぽい髪型に出来たので、もう美容室に怯えなくて済むと思うとホッとしています。

合わせ鏡したり掃除したりで時間を食ったってのもあるですけど、気づけば3時間近く風呂場にいました…(笑)
そして、風呂場のイスに長時間座ってたので尻が死にました…まだ痛い。

耳周り・襟足に関しては、小回りのきくバリカンというかヒゲトリマーみたいなのを探そうかな、と考え中です。
(これについては、下記の追記で解決しました)

というわけで、女のセリフカットでもいい感じにできたよ、という報告でした。

2020年5月追記

バリカンもハサミも購入してから何度か使用して、結構慣れてきました。
バリカンに関して言えば、今は全部3mmの短さで使っています。
というのも、刈り上げた部分ってすぐ伸びるんですよ~
2週間もすると伸びた部分が気になってしまって。
どうせすぐ伸びるし、髪下ろしてるとそもそも見えないしっていうことで短めに設定。
しかも、3mmだと短い用のアタッチメントが使えるんですか、それが長めのと比べて一回り小さいんですね。
かなり小回りがきくので、あれだけ苦労していた耳周りも、あっという間に手入れできました。
楽です!
最近は、コロナのせいで美容室もなかなか利用が難しいみたいな状況にあるので、自分で手入れしてみたい人の参考になれば。