田舎で底辺暮らし

貧乏喪女がネットの気になる話題など、雑多にあれこれ書いてます。

 

ハラスメントって言葉やめねぇか、じゃなくてハラスメントをやめろよ・・・

バラエティ番組って全然見ないから武井壮って人はネットで名前見かけるくらいで、どういう人なのかよくわからないのだが(なかやまきんに君みたいな芸人?)、この人がとんでもないことを呟いて私のTLでは大顰蹙をかっていた。

嫌いな人間に嫌なことされたら怒るのは当たり前というか、プライベートな関係でしか許可されないようなことを、何の信頼関係も許可もなく、しかも権力関係にものいわせてしてくればハラスメントなんですよ、ってそんな初歩の初歩の初歩みたいなとこから説明しないといけないんだろうか…。

ハラスメント被害者の声をあげにくくする、本当に悪質なツイートだと思ったし、2chなどミソジニーが蔓延るコミュニティでよく見かける典型的なトンチンカン発言のパターンだから、Twitterで、しかも芸能人がこんなこと言っててびっくりしたのだ。

要するに、ただイケなくせにギャーギャー騒ぐなって言いたいのを、優しさだの愛だのって言葉で誤魔化しているというか、自分には関係ないハラスメント被害者の問題提起の声が鬱陶しいってことなんだろうなぁ、と思った。

ハラスメント被害者の声を封じ込めることで、築ける暖かい人と人との輪とやらは、嫌がらせをする加害者にだけ優しい世界だね!


なんつーか、自分が被害者の立場になるという想像力があれば、こういう発言はできないと思うんだけどなぁ…。

そもそも単純に人に嫌がらせをしなければいい話であって、セクハラの問題にしても、すぐに「これじゃ何も言えなくなる」って言うおっさんとかいるが、権力関係がはたらく場所で性的なことや相手の容姿をいちいちネタにしなきゃ会話もできないって、そっちの方が私には不思議で、他に話すことはいくらでもあるだろうし、相手を不快にさせることでしか会話もできないなら黙っててくれと思うわけ。

もうさ、こういう発言見る度に、自分がセクハラする権利を女が邪魔する、イケメンや彼氏など特定の誰かにだけその権利が与えられてずるいって言ってるようにしか思えなくて、そもそも、お前は他人にハラスメントをする権利なんてねーんだよ!って、そこにいい加減に気づいてほしい。


で、彼が過去にこういうことをツイートしていたと知って、さもありなんだった…。

結局ハラスメント加害者に都合のいい世界というのが、この人にとって都合のいい世界なんだね

愛だのなんだの妙な理屈を言いながら、ハラスメントは被害者の気の持ちようだと言う彼は、被害者の泣き寝入りに加担したことを悔いて反省してほしいが、もうこういうメンタリティの人は何言っても無理だろうなぁ…と思ったりもする。


モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない

モラル・ハラスメント―人を傷つけずにはいられない

  • 作者: マリー=フランスイルゴイエンヌ,Marie‐France Hirigoyen,高野優
  • 出版社/メーカー: 紀伊國屋書店
  • 発売日: 1999/12
  • メディア: 単行本
  • 購入: 22人 クリック: 332回
  • この商品を含むブログ (43件) を見る