読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で底辺暮らし

貧乏喪女がネットの気になる話題など、雑多にあれこれ書いてます。

 

不倫のあるドラマって、世間的には面白いのかな…?

f:id:pokonan:20141118232213j:plain
NHKをつけてると流れてくるので、「さよなら私」を先週くらいからちゃんと見てる。
簡単にいうと、学生時代からの親友だった石田ゆり子(薫)と永作博美(友美)の中身が入れ替わってしまうっていう話だ。

で、友美は子持ちの既婚者だが、その夫(藤木直人)と薫は不倫関係にあった、というかあるというか、主人公二人の間で不倫の事実は共有され、しかも中身が入れ替わってその関係が続いてるのでよく分かんない状況になってる。

そして、友美の体が乳がんになってしまい、手術することに。
体は友美だが中身は薫なので、二人にとっても非常に難しいことであって、その気持ちを二人はぶつけ合って分かち合い、がんが怖いと泣く薫を友美は抱きしめて、支えると励ました。

なんだか、百合だった。
二人とも綺麗だし、もう今後は二人の百合ドラマってことでいいんじゃないかな、と思った。


先週は、薫が不倫相手(中身は友美に入れ替わってるから実際は夫なんだけど)に友美の乳がんを告げ、なんで言ってくれないのかと困惑している男に「あんたが病気を告白するような価値もない男だからだ」ってがつんと言ってやったわけだ。
まぁ、超正論だし、それにしたってまだ物足りなかったけどね。

で、今週どうなるのか、修羅場か?別居か?って思ったら、なんと妻の乳がんを不倫相手から聞いて急いで家に戻った夫が病気を黙ってた妻の友美に黙ってたことを説教して、「俺は逃げない」とか言い出して、しかも友美も「ごめんなさい」とか謝ってる。

え、なんなの、どういうことなの…。

妻に不倫バレてるのにあんな偉そうな態度できるって、こりゃスゴい神経だよ!
もう少し反省の色というか、申し訳無さそうなそういう態度はできないのか、っていうくらいふてぶてしかった。

なんで、こいつはこんなに偉そうなんだ、って見てて血管切れそうだったよ!

しかも、その後、不倫相手の薫を家に招き、友美と薫を前に、ドヤ顔で不倫の経緯というか馴れ初めを語り始め、「二人とも愛してる」「でも、妻が病気だからこの関係を続けるわけにはいかない」「二人は親友だから、不倫の問題はさておき、友美の病気を薫は支えてくれ」って提案し出した。

これがまた、藤木直人のあのインテリぶった雰囲気がなんとも言えないナルシシズムを醸し出していて、余計に腹が立つのだ。

私はそれをただ黙って聞いてる女性二人に物凄く違和感があったし、もしやこれはこの男のあまりの厚顔無恥な態度に、主人公二人が「コイツ、やべーな…」ってそのクズっぷりに気づく展開か、そうに違いないって思ったのに、なんと二人とも素直に「うん、それがいいと思う」って、頷いて終わってしまった。
二人がこの男に罵詈雑言をなげつけるシーンは一度もなかった。

まぁ、薫は自分が不倫してた立場なので、なんも言えないのかもしれんが、それにしたって不倫バレて開き直るようなこんな妙な男と今まで関係もってたのか、って気持ちが冷めなきゃおかしいだろ…。

主人公二人が怒って藤木直人を殺害し完全犯罪に走るとか、そういうの見たかったぜ。


あと、主人公二人と親友関係にあるもう一人の女性の家庭も夫が浮気してて、なんでこんな浮気まみれなの、これ面白いの?って疑問だった。

女同士の熱い友情や、母親の母性神話に疑問を呈するような点は評価したいが、男女関係においてそれ相応な報復があってスッキリする展開があるわけでもないし、女性陣は男性の不倫を結局黙って受け入れざるをえない状況になっていて、全体的にイライラする脚本である。

でも、私はヘテロ関係的なものが非常に苦手だから、余計につまらんと思うのかもしれなくて、世間的には結構面白い男女関係のストーリーなのか?って、自分の感覚の方がズレてんのかよく分かんないんだよね…。

来週は、その男女関係に何かひとつ終止符がうたれそうな予告だったので、もうちょっと溜飲が下がる展開を期待したいんだが、小さい子供がいるから家庭を維持したいってことでなんだか丸く収まっちゃいそうでテンション下がるなあ。

ストレスに負けない生活―心・身体・脳のセルフケア (ちくま新書)

ストレスに負けない生活―心・身体・脳のセルフケア (ちくま新書)

ストレスマネジメント入門 (日経文庫)

ストレスマネジメント入門 (日経文庫)