読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

田舎で底辺暮らし

貧乏喪女がネットの気になる話題など、雑多にあれこれ書いてます。

 

映画「キャロル」の感想

気になっていた「キャロル」、Amazonビデオにレンタルがきていたので早速観ました。
ネタバレ含みます。

キャロル(字幕版)

キャロル(字幕版)

1952年、ニューヨーク。高級百貨店でアルバイトをするテレーズは、クリスマスで賑わう売り場で、そのひとを見た。
鮮やかな金髪、艶めいた赤い唇、真っ白な肌。ゆったりした毛皮のコート。
そのひともすぐにテレーズを見た。彼女の名はキャロル。
このうえなく美しいそのひとにテレーズは憧れた。
しかし、美しさに隠されたキャロルの本当の姿とは・・・・・・。
不幸な結婚、偽りの人生、何より大切な娘を夫に奪われようとしていた。
それを知ったとき、テレーズの憧れは思いもよらなかった感情へと変わってゆく・・・・・・。

あらすじはこんな感じで、なんだか湿っぽい情緒的な内容なのかな?って観る前は思ってたんですが(そういう部分も確かにあるけど)、観てみるとちょっと想像していたのとは違いました。

とにかく、ケイト・ブランシェット演じるキャロルの押しの一手!!

ちょ、ちょっとそんなにぐいぐい行くの?!ってくらいルーニー・マーラ演じるテレーズに迫ります。

お互い会った瞬間からの一目惚れだったのか、どう考えてもわざと手袋を忘れたり、それを切っ掛けにあっと言う間に食事の約束をとりつけて、今度は自宅に招待、そして今度は趣味の写真見せてよ、ってテレーズの家へ乗り込みます。
そうやってキャロルから猛アプローチされるテレーズのドギマギしてる心情やキャロルへの想いが物凄く細かく丁寧に演出されてました。

f:id:pokonan:20160830144233p:plain
いきなり家に招待されて、「??」なテレーズさん。

f:id:pokonan:20160830144728p:plain
意味深なボディータッチ、めちゃめちゃ意識してしまうテレーズさん。

f:id:pokonan:20160830144432p:plain
折角自宅へ招かれたのに離婚協議中の夫とのごたごたを見せつけられ、孤独に涙しながら帰ったらすぐにキャロルから電話がかかってきて、謝罪とともにこのセリフ。
(テレーズがしょっちゅう被ってるベレー帽がすごく可愛い)

キャロルは妻を手放したがらない夫から溺愛している娘の親権を奪われてしまうんですけど、傷心から西へ旅に出るとかよくわかんないことを言い出して、ちゃっかりその旅にテレーズを誘います(笑)

f:id:pokonan:20160830150255p:plain
まあ、こんなゴージャスな人にこんな目で見つめられて口説かれたら、そりゃニヤけるよね。
f:id:pokonan:20160830150332p:plain

結局、二人であちこち車で旅して、そこで深い関係になるんですけど、キャロルの夫が送り込んだ男が二人のセックスを盗聴してて、キャロルは娘の親権が絶望的に…。

てかね、まさかここまで二人の関係を男が邪魔してくるとは思ってなかったんで、ちょっとこの辺はうんざりしました。
テレーズにも一応彼氏はいるんですけど、一人盛り上がってる彼との結婚とかは全然興味ない感じで、キャロルに誘われるとすぐ二つ返事でOKするのに、彼氏の欧州旅行へのしつこい誘いにはブチ切れる有様。
観る前は、テレーズってもうちょっとふわっとした役なのかと思ってたんですけど、結構はっきりしてました(笑)

結局、テレーズはあっさり彼氏とは別れてタイムズに転職。
キャロルは同性愛関係を「治療」するために!心理療法を受けながら、このまま自分を押し殺して夫と結婚生活を続けながら大事な娘との時間を持つのか選択を迫られます。

でも、その背中を後押ししてくれたのは、街中をさっそうとあるく自立したテレーズの姿で、どうしても自分の気持を押さえつけたままではいられないって感じでした。
f:id:pokonan:20160830153132p:plain

離婚後もキャロルはテレーズに一緒に住もうとアプローチするんですが(この期に及んでまだぐいぐい行く(笑))、もうただ流されるだけのテレーズじゃなく、彼女の意思と選択がちゃんと見えるラストに繋がっていきます。

キャロルの親友で昔ちょこっと関係を持ってたアビーも良いキャラでした。
f:id:pokonan:20160830152423p:plain
f:id:pokonan:20160830152445p:plain

個人的にはこの二人の並びのほうがしっくりきたかな。
テレーズとは年齢差があって、どことなく親子っぽかったし。
キャロルに一方的に「解放」されたテレーズの痛々しい姿を見るアビーの視線が色んな物含んでて、なんか切なかった。

他にもちょこちょことレズビアンっぽい人らが出てきたりします。

多分、テレーズ目線でキャロルにアプローチされるのを楽しむのが王道な鑑賞法なのかな、って思うんですけど、キャロルのやることなすこと狙いすぎだろ!って、ちょっと私は笑ってしまいました。
みんなそんなことなかったのかな…。
あと、ルーニー・マーラの演技が好みでした。
かわいい。
f:id:pokonan:20160830154333p:plain

キャロル スペシャル・エディション [Blu-ray]

キャロル スペシャル・エディション [Blu-ray]