田舎で底辺暮らし

貧乏喪女がネットの気になる話題など、雑多にあれこれ書いてます。

 

ヤマシタトモコ「違国日記」1巻の感想

違国日記 1 (フィールコミックス FCswing)

「へんな人と暮らしはじめた。
お父さんとお母さんが 死んだので。」

35歳、少女小説家。(亡き母の姉)
15歳、女子中学生(姉の遺児)。

不器用女王と子犬のような姪がおくる年の差同居譚。
手さぐり暮らしの第1巻!

少女小説家の高代槙生(35)は姉夫婦の葬式で遺児の・朝(15)が
親戚間をたらい回しにされているのを見過ごせず、勢いで引き取ることにした。

しかし姪を連れ帰ったものの、翌日には我に返り、持ち前の人見知りが発動。
槙生は、誰かと暮らすのには不向きな自分の性格を忘れていた……。

対する朝は、人見知りもなく“大人らしくない大人”・槙生との暮らしを物珍しくも素直に受け止めていく。

百合と風の噂だったので、Kindleでの発売日を心待ちにして購入。
内容はあらすじ通りではあるんですが、なんとも評価が難しい1巻でした。
私のレビューなので、百合な点に絞っての感想です。

1話では主人公の「朝」が既に高3の春なので、同居してもう数年経ってるんですね。
f:id:pokonan:20171123011957p:plain

そこから、二人が出会った朝の中3とこに戻って話が始まります。
性格も年齢も違う二人の出会いとか同居生活が始まってからのぎこちない雰囲気とかは面白いです。

人見知りでナイーブな少女小説家の槙生。
f:id:pokonan:20171123013010p:plain
f:id:pokonan:20171123013018p:plain
f:id:pokonan:20171123013025p:plain

あと、日常に焦点をあてるためか食べ物のエピソードがかなり多いです。
と、4話までは割りと楽しめたんですが、1巻の終わりである5話はなんと槙生の元カレ(しかもやたら老けて見える)が登場してきて、しかも5話丸々その元カレとくっちゃべってるだけ。
てか、槙生って人見知りで色々こじらせてると思いきや、なんかそういうとこは普通にヘテロ路線なのか(しかも、困ったときに元カレに頼る)…みたいな。
正直、なんかこれで結構がっくりきてしまいました。
なんというか、女の話に男がこうやって介入してくると流れとか見えるものがいつも一緒で、それも嫌なんですよね。
せめて、もうちっとチョイ役とかなら流せるのでともかく、1巻の最後はこのおっさんが出ずっぱりだし今後も間違いなく出てきそうだし、しかも明らかに槙生にまだ気があってなんか仄めかすようなこと言ってて、そこも鬱陶しい…。
多分、この男と朝が出会ってなんかあるんだろうな、って感じはするんですけど、私が百合を好むのは男を見なくてすむからっていうのも大きな理由なので、その点で言えばかなりきついです。
ぶっちゃけ、このおっさんが女だったら楽しかったのに。

というわけで、女二人の同居ものとして百合を期待して盛り上がった気持ちが、槙生のヘテロさ・鬱陶しいおっさんの登場でかなり冷めて終わってしまう構成で、すっごく微妙です。
百合として楽しみたいなら、4話で止めるとかしないと、ダメージ受ける…。
百合とか気にしない人は気にならないのかな?
でも、槙生の人見知りの妙な感じの女って設定でありながら、いきなりそこは普通にヘテロ路線に乗せちゃうんだ、みたいな感じって白ける気がするけどそうでもないのかな。
非レズビアン視線では消費できないので、わからん。

百合好きに地雷はつきものだし覚悟の上ではあるんですが、久々の地雷って感じでした。
はぁ、楽しみにしてたんだけどな。
朝に男が絡まないのだけは期待したいけど、今後はどうなるんでしょうね…この漫画の微かな百合が死なないことだけを願います。
男が出てくるヘテロ話は表紙に表記してくれませんか?って感じ。

中村明日美子氏が長編の百合を今連載中ということなので、そっちの単行本を心待ちにして生きます…。

違国日記 1 (フィールコミックス FCswing)

違国日記 1 (フィールコミックス FCswing)