田舎で底辺暮らし

貧乏喪女がネットの気になる話題など、雑多にあれこれ書いてます。

 

豆腐ばっかり食べて20キロ痩せた

数年前、過度のストレスから食欲がガクッと落ちて、胃に優しい豆腐をよく食べるようになったのがダイエットの切っ掛けです。

f:id:pokonan:20140904011922j:plain

小さい頃から肥満気味で、ピーク時は70キロ後半までいってました。

今は身長165で体重は57キロくらい。
痩せてるってわけじゃないけど、BMIは標準値なので、さほど不満はないです。

下記サイトからBMI(肥満度)チェックが出来ます。
BMI(肥満度)チェック

このサイトによると標準値はBMI18.5~25未満
私は20.94でした。

ダイエットとしてやったこと

・白米の量を減らして、代わりに豆腐を食べる。

・おかずはあまり気にしない。

・毎日、体重計に乗る。

・食べたものをノートに細かく書く(レコーディングダイエット)。

・週末は普通に食べる。

・人工甘味料は使わない。

・飲み物は水やお茶。

・風呂場で自己満足なストレッチ運動。

これくらいかな…?そういえば、ゆで卵もよく食べてました。

要するに炭水化物を減らして、その分、低カロリーの豆腐を食べることでお腹をふくらませるってダイエットです。

なぜ豆腐をおすすめするのか

f:id:pokonan:20140904011936j:plain

豆腐はまず安いですからね!
安いとこだと、一丁3、40円くらいで買えますし。

しかも、調理せずに醤油をたらしてそのまま食べられる。

何より、良質なタンパク質を含んでいて、美味しい。

豆腐はカロリーが少なく、水分が多いため満腹感が得られ、かつ、栄養不足にならないという点で、すぐれたダイエット食品といえます。
豆腐と栄養・健康


ダイエットはとにかく継続は力なり、です。
継続できない面倒なダイエット方法は長続きしないので、調理の手間暇がかからず、しかも安くて美味しい豆腐は、経済的に優しく継続しやすい点でもおすすめです。

個人的に、絹ごしは食べごたえがいまいちなので、木綿をおすすめします。

オーソドックスに醤油で食べることに飽きた時は、サラダ用のドレッシングをかけたり、お茶漬けのもとを乗っけてみたり、色々と試行錯誤してました。
白米に合うものは大体、豆腐にも合う気がします

食事の配分としては、朝は沢山食べて、昼はスルー、夜はちょこっとだけ、という感じです。
※今も大体この食事ペースです

ただ、週末は休息日的な感じで普通に食べてました。

体重計には毎日乗る!

私の場合は、朝起きてトイレに行ってから計測してました。
その体重をネットの無料サービスを使ってグラフ化。
当時はハカッターという体重を記入するだけでグラフ化してくれる便利なサービスがありましたが、その後サイトが閉鎖…。
でも、今はスマホとか色々便利なアプリがあると思いますので、そういうのを使って体重を可視化しておくとダイエットのモチベーションになります

グラフにして不思議だったのが、体重は坂道のように滑らかに減るのではなく、階段みたいにカクンと落ちることです。
数日同じ体重が続いて、急に0.5キロ痩せる、みたいなことの連続。

ちなみに、人が1ヶ月で落としていいのは体重の5%までとか。
私の場合は、調子がいい時は1ヶ月に3キロのペースで減っていたので、適正範囲内でしょうか。

レコーディングダイエットは重要

豆腐と併せてやっていたのがレコーディングダイエット。
自分の食べたものと体重、その他に体調など毎日記録するだけという単純なものです。

最初はネット上で管理していましたが、結局紙に手書きする方が合っていました。

使っていたノート。キティさん。
他のノートはどこかに見失ったのか捨てたのか、見つかったのはこれだけ。
f:id:pokonan:20140904010219j:plain

ノートは結局、3冊くらい使ったと思います。
これは2冊目かな?

どんなふうに書いているかというと、こんな感じ。

f:id:pokonan:20140904010159j:plain

日付、ダイエットの経過日数、体重、その日食べたもの。
あとは体調などについて。


とにかく、食べたものは細かく書くこと
たまに面倒になってちょっと誤魔化して書こうとする自分がいるんですが、それに負けてはレコーディングの意味がないので、これから挑戦する人は頑張ってください。
細かく書くので、「あぁ、これ食べたらノートに書かなきゃいけないから我慢しとこ」みたいな感じになって抑止力にもなります。

カロリー表記をする人もいるみたいで、最初の方は私も目算でなんとなくやっていましたが、ノート2冊目になってやめてますねw

ネット上に便利な栄養・カロリー表は沢山あるので、そういうのを参考にしていました。

適度なストレッチ

インナーマッスルが鍛えられると基礎代謝があがり、脂肪燃焼効果が高まると知って、YouTubeなどでストレッチの動画を見ては、よく真似していました。
風呂場は鏡があるので、よく入浴時にクネクネ動いてましたね。

人工甘味料はNG

ダイエット中は異様に甘いものが欲しくなるのですが、カロリーがない人工甘味料を取り入れようと思って調べてみたら、舌を過剰な甘さで誤魔化すだけなので、糖分を欲している体は余計に飢餓感がつのってダイエットが辛くなると知って、私は取り入れませんでした。
あと、人工甘味料のジュースを飲んだ後、気分が悪くなるという人もちらほらいたので。
体が甘いものを欲している時は、素直に飴玉を舐めたりして対処していました。

停滞期は必ずくる

私もありました。
2、3週間くらいだったかな…。
でも、そういうときは無理をせずに、体が調整中でまたそのうち下がるときがくると思って、あまりストイックになりすぎず、リラックスして過ごしたほうがいいです。

自分には合わなかったダイエット食品

寒天」と「おから」です。

寒天は、とりあえず作るのが面倒なのと、デザートみたいでご飯感がなくて物足りなかったことですかね。

おからはモソモソしすぎて継続的に食べるのがしんどかった…。
あと、炒めるにしても油を全部吸ってしまったり、調理法が難しくて断念しました。

余談ですが、なぜかホワイトチョコレートを食べてリバウンドしかかったことがあって、今でもトラウマでホワイトチョコレートは避けています。

まとめ

ダイエットで一番難しいのは、自分に合うダイエット方法を見つけることだと思います。

私は高校まで家がかなり遠かったので、ずっと長距離の自転車通学だったのですが、それでも全然痩せなかったので食事内容を変えるしかなかったのだと思います。
そんな私に、たまたま豆腐が合っていたという感じで、期間としては一年近くやってたかな…。

ずっと継続していて今の体重から全然落ちなくなったので、これ以上はもっと厳しくやらないといけないんだなぁ、と思ってダイエットを終了しました。

それから食べる量をゆっくり増やしましたが、体重は変わらないまま過ごせているので、今の体重が自分には無理のない適正値なのかな、と思っています。

ダイエットを習慣化してじっくり体重を落としていくというのが、リバウンドしない一番手っ取り早い痩せ方だと思うので、自分の体と相談しながら挑戦してみてください。

【痩せた後のことなどを記事にしました】