田舎で底辺暮らし

貧乏喪女がネットの気になる話題など、雑多にあれこれ書いてます。

 

レズビアンカップルのラブコメ要素が大幅に増えた「ワイノナ・アープ」S2の感想

Netflixで視聴できる「ワイノナ・アープ」。
悪霊やモンスターと戦うスーパーナチュラルな西部劇要素を含んだドラマです。

S1を見たのは2016年。
ウェイバリー(主人公であるワイノナの妹)とニコール(町の保安官)というレズビアンカップルが登場するので、それ目当てでしたが思っていたよりカップルの出番が少なめ(ウェイバリーは結構出ているけどニコールの出番が少ない)で、面白そうな二人ではありましたが少々物足りなくてそこまで入り込むことはありませんでした。
あと、主人公・ワイノナのヘテロ恋愛のごたごたもちょっとキツくて(メインキャラの髭のおっさんが苦手なのに主人公が彼と関係を持つ)。
なので、結構前にS2の配信は来てたのですが手を付けずにいて、なんとなく思い出して見たのが昨日。

そしたら、なんとニコールの出番が格段に増えており、とにかくウェイバリーとニコールがいちゃつくのなんのって。
f:id:pokonan:20180601165910j:plain
この二人、一話に必ず一回はキスするノルマでもあんのか、ってくらいS2は二人の関係が全面に押し出されていました。
おそらくS1で、二人の評判が良かったんですかね。

しかもワイノナが妊娠してしまい(役者さんの都合に合わせてみたい)、主人公のヘテロ恋愛要素も薄めになっていて、新たに加わった科学者の男性のキャラもなかなかいい感じでコメディ要素が強くなってて、S1に比べると個人的には全体通して見やすくなっててかなり楽しめました。

今回、Lカップル二人のラブコメ要素が大変面白く、チアガールのコスプレ(しかもノーパン)でアホなことやっていちゃついてたり、ウェイバリーの出生について痴話喧嘩したり、ニコールに驚くべき秘密があったり。
この二人はかなり身長差があって(15センチ位?)、小柄でヘテロだったウェイバリーに対して、保安官で長身でレズビアンのニコールが男役的ポジションになるかと思いきや、ニコールは結構負傷しがちというかS1でも敵にふっ飛ばされたり入院したり、結構このドラマの中で負傷担当みたいなとこがあって、それを身体能力の高いウェイバリー(よく着てる腹出しファッションの腹筋見れば一目瞭然)が体張って戦ってニコールを助けたり、ニコールが瀕死の状況になったときに脇目も振らず奔走したり、一方で暴走しがちな姉のワイノナを心配するウェイバリーをニコールが繊細にフォローしたり、守ったり守られたりのバランスとかも結構上手くて二人の関係が面白いのです。

あと、いつも妹カップルがいちゃついてるとこにうっかり入ってきてしまう間の悪い主人公、慌てて帰るニコールというのがお決まりの流れで和む。
f:id:pokonan:20180601180207p:plain
f:id:pokonan:20180601183253p:plain
気まずそうなワイノナ。

悪霊やモンスターがわんさか出てくるのですが、特殊メイクなどはリアルさ追求でめっちゃ凝ってるというよりは結構チープめでして(笑)、コメディ要素も多いのでその辺がかえって味わい深くもあり、人物関係でちと複雑な部分はありますが、わりと軽い感じで見れるドラマです。
レズビアン要素だけじゃなくて、ワイノナとウェイバリー姉妹の絆がとにかく強くて、その部分でも見応えはあるかと。
L要素目当てなら、S1はストーリーの流れ追う感じでざーっと見て、S2で格段に増えた二人の関係を楽しむって見方がおすすめかな。
S3は今年の夏にアメリカで放送らしいので日本で視聴できるのはまたちょっと先になりそうですが、二人の関係がどうなっていくのか期待大です。