田舎で底辺暮らし

貧乏喪女がネットの気になる話題など、雑多にあれこれ書いてます。

 

ラーメンは「とんこつ」じゃないとしっくりこない派

f:id:pokonan:20141010223042j:plain

昨日は久々にラーメンを食べた。
さっぽろ純連」というのが買い置きされていたので、作ってみたのだ。
味は醤油

(私が食べたのは、スープが付属されてるだけのもっとお手頃なやつだった)

純連って単に商品名かと思ったら、札幌で有名なラーメン屋さんの名前だとか。
スープは濃い目で、麺は生麺ということもあってか、もっちりしていてなかなか美味い。

だが、やっぱり「うまかっちゃん」で育った私としては、ラーメンというととんこつであり、醤油はどうも物足りなく感じてしまう。

満足感でいえば、とんこつ、次点で味噌かな。

スープを飲み干したくなるか、ならないかの差というか、残りにご飯をぶち込みたくなる差というか、とにかくラーメンといえば私の中でこってりなのだ。


でも、別にラーメンが大好きってわけでもなく、店で食べるラーメンとインスタント麺にそんなに味に差があるとも思えないくらい、ラーメンには特にこだわりはない。

一杯1000円近くもするラーメンに並んで食べるという感覚は、ちょっと私の中では異次元なのだけど、都会の人って人口密度が高いせいなのか、昼時になると結構普通にあちこち並んでいるので、関東で生活し始めた時は仰天した。
わー、テレビで見た風景だ、みたいな。

で、そういうお店で実際食べてみると、味は別に普通だったりするので、なんだか納得がいかなかったりした。
期待度が高すぎたのか、私の舌が味音痴なだけなのか…。

こんな苦労して食べるくらいなら、安くて簡単に作れるインスタントでいいやないか!って思ってしまうのだ。

なので、私はラーメンで一番うまいのはうまかっちゃんと思っていて、とんこつ派とかいうよりうまかっちゃん派なんだと思う。

ハウス食品 九州の味ラーメン うまかっちゃん 5食パック×6個入

ハウス食品 九州の味ラーメン うまかっちゃん 5食パック×6個入