田舎で底辺暮らし

貧乏喪女がネットの気になる話題など、雑多にあれこれ書いてます。

 

ガチなアクションが楽しめるNetflix「ハイ・フォン ママは元ギャング」の感想

Netflixのオリジナル映画「ハイ・フォン ママは元ギャング」を見ました。
Twitterで好印象な感想を見かけたので気になっていたベトナムの作品です。

村でガラの悪い取り立て屋の仕事をしている主人公のハイ・フォン。
シングルマザーで娘と二人暮らし。
仕事が仕事なので、あちこちに敵を作っていて、娘も学校ではいじめられがち。

ある時、ちょっとした勘違いから娘を信じてあげられず、仲違いしたままはぐれた娘が人身売買組織の悪党に誘拐されてしまいます。
ハイ・フォンは娘を救出するため組織に乗り込み、今は亡き父から教わった武術で敵をばたばたと倒していくというアクション映画らしい王道ストーリー。

なんだかタイトルがちょっとB級感漂ってるんですが、すっごく良かったです!
まず、女性主人公でのガチなアクション映画という点。
冒頭から、取り立て屋としておっさんをレンガでぶん殴ってたり足蹴にしてたり、振り切ってる!
f:id:pokonan:20190531035614j:plain
主人公の女性、スパスパとタバコ吸う姿が様になってて似合うしかっこいい。

前半は自然あふれる風景が魅力的で、市場で暴れたり、竹やぶをバイクで疾走したり、広い川で殴り合ったり。
水草攻撃!
f:id:pokonan:20190531041105p:plain

水上の小さい家で、娘と二人暮らしの生活感溢れるシーンも湿度が感じられてよかったです。
f:id:pokonan:20190531040421j:plain
あと、娘役の女の子の演技もうまかった。

娘を追って、賑やかな都会のホーチミンに舞台が移ると、前半とはガラッと雰囲気が変わってそれも面白かった。

あと、ちょっとびっくりなのが、村での金貸しの取り立て屋のボスも、人身売買組織のボスも女性だったんですよ!
その点もすごく評価したい!
f:id:pokonan:20190531041536j:plain
f:id:pokonan:20190531041547j:plain
どっちもすげー強そう。

怪しげな路地裏に忍び込んで、狭い建物の中でチンピラたちをなぎ倒し、走行する列車の中や上で取っ組み合ったり、本当こてこてなアジアンアクションムービーって感じでどこか懐かしさも感じるんですが、それを女性主人公できっちり見応えある作品に仕上げてる。
最後は、ラスボスの女性と肉弾戦でがっつり戦います。
f:id:pokonan:20190531041855p:plain
この最終対決から、最後の最後のとこまでめちゃくちゃアクションでした。
スタントもかなり使ってあるとは思うんですけど、ハイ・フォン役の女性もかなり大変だったのでは。
ちょっとメイキングシーンが見たい。

その他にも、ホーチミンで優秀な刑事として人身売買組織を追ってる男性が出てきて、なんだかんだ主人公をサポートするんですけど、でしゃばったりせず最後まで刑事らしいサポートポジションで、主人公と色恋沙汰になるわけでもなく、それも良かったです。
女性主人公だと、絶対途中でよくわかんないヘテロ恋愛ぶっこまれて、相手の男に美味しい手柄横取りされるみたいな流れがあったりするけど、そういうの全然なくて、終始母親が娘を救出するっていう王道ストーリーを貫いてました。

主人公がシングルマザーという設定ですが、過去にチンピラと駆け落ちしてできちゃったのが今の娘っていう回想シーンみたいながあって、そのときに相手らしき男性が1秒ほど映るんですけど、本当それだけで全然恋愛的なものがなかったのも個人的には見やすかった。

暑い土地柄らしくゆったりした服装で、遮二無二戦ってばかりだから髪の毛ぼさぼさで、女だからお決まりのお色気シーンみたいなのも別になく、アクションに徹してるところも評価したいです。

どこかノスタルジーを感じさせるこてこてなアクション映画を女性主人公で見られる新鮮な感動みたいなのがあって、私はとても楽しめました。
懐かしいんだけど、要所要所にアップデートされた価値観を感じて、ストレスもなく視聴できてかなりおすすめなので、是非!